どのようにして頼むか|忘年会の景品が目白押し|笑って1年を見送ろう

忘年会の景品が目白押し|笑って1年を見送ろう

レディー

どのようにして頼むか

講演

内容をはっきりさせておく

講演会を依頼する際に、依頼状というものを書かないといけないのですが、どうすれば良いのかわからない人は多いでしょう。それに依頼状の書き方を間違ってしまうと、相手方に失礼ですし、仮に引き受けてもらえたとしても、予想しているような講演会にならないケースもあります。大まかにでも良いので、講演会の依頼状はどのような内容にすべきかを、覚えておくことをおすすめしておきます。まず、講演会の日時はもちろんですが、どんな話をしてもらいたいのかを明確にしておかなければなりません。具体的であればそれだけ相手方も講師を選ぶのに迷わなくて済むため、株式投資なのか、子育て、老後の過ごし方など、希望のテーマを書いておくと良いです。

確認する方法

完成した講演会の依頼状は、必ず最低二回は読み返して、誤字脱字がないかを確認しておきましょう。推敲していないことがわかると、講師のやる気に関わってくるからで、日本語の使い方にも注意を払っておきたいものです。可能であれば、他の人にも見てもらっておくと、かなりの確率で間違いを探せます。もしも講演会の依頼状を一から書くのが難しい、自信がないといったことなら、インターネットで検索しておくと、例文が載っていたりします。講師の方の名前や日付が白抜きになっていて、そこだけ替えれば良いようになっているため便利ですし、丸写しをするのに抵抗を感じるなら、いくつかのサイトのものを組み合わせておけば、オリジナリティが出せます。